生地(布地、合皮、革)についてのQ&A
Qビニールレザー、合成皮革、ソフトレザー、革の違いは?

Answer

以下にアラ・カワの説明を解答させていただきます。

  • ●ビニールレザー
    表面の材質として塩化ビニルが使用されています。塩化ビニルには可塑剤という油成分が混入されており、年数が経つに連れて可塑剤が抜けて表面が硬くなります。ビニールレザーの劣化のしかたはこの後パリッと裂けて割れてしまいます。ただし、汚れ防止、抗菌、耐アルコールなどの機能面ですぐれており現在では主に飲食店などの店舗や不特定多数の人が腰掛ける公共施設等ではビニールレザーが用いられることが多い。素肌で腰掛けたときにベトツキ感や熱などを感じることがあります。
  • ●合成皮革
    正式には表面にウレタン樹脂を用いたものを合成皮革といいますが、近年、塩化ビニルの性質の向上もあり塩化ビニルでも上質なものは合成皮革として紹介しております。ビニールレザーと比較して腰掛けたときのベトツキ感が少なく熱もこもりにくい張り地となっています。裏地の工夫もあり本革を目標につくられています。一般のご家庭で使用されるダイニングチェアなどには合成皮革をオススメしています。
  • ●ソフトレザー
    合成皮革の上位版と位置づけて紹介しております。合成皮革の目標は革ですが、ソフトレザーは革とはまた違った触りを表現しています。表面のなめらかさだったり、裏地に綿状の繊維を用いることで独特な素材感を表現したり、革よりも伸縮のある張り地だったりします。ソファなどにはこのソフトレザーをオススメしています。
  • ●革
    牛の本革です。椅子の材料用に仕上げられたもので、特に他の材質と比較して強度が強いというわけではありません。たとえば自動車に使用する場合は椅子用の革での処理では使用条件に合わないので製造工程から違っており自動車で使用するために加工をしています。本革ということで高額ですが合皮やビニールレザーの風合いとしての目標となっています。
     当社で取り扱っているの革の紹介 → [オンラインサンプル帳(革)]

生地(布地、合皮、革)についてのQ&A


お気軽にご質問ください
Q&Aに掲載されていない質問などございましたら、お気軽にお電話やお問い合わせフォームよりご質問ください。

TEL:049-258-4143
営業時間 月〜土:08:15~17:00
お問い合わせフォームへ
フォームは24時間365日受付

PAGE
TOP

サービス
一覧

TOP