イノ・ウエの独り言 
井ノ上が日頃”椅子張り職人”として感じたこと

2000年 5月 11日
20MBを越えるサイト製作もいよいよ大詰め

 少々過剰な書き出しだったかもしれませんが、3月末からコツコツと進めてきたサイトのベースがとうとう出来てきました。これは私にとって超大作です。そのサイト名は”張り上がりのイメージのわかる 布地サンプル帳”。510種類にも及ぶイス張り用の布地のファイルを作製し、ダイニングチェアに張った場合と、ソファに張った場合との2種類のイメージを見られるようにしました。通常、HPでお問い合わせで遠方のお客様には”張り上がりのイメージのわかるCD?ROM”をお送りして布地を決めていただいておりましたが、プログラムをインストールしなければならない点などの手間が掛かってしまっていたので、それなら”HP上で何とかならないか”と思いつきこのサイト構築を進めてきました。まず、そのCD?ROMから画像データを作り出しJPEGファイルとして保存しました。口で言ってしまえば簡単ですが、その数は先にも述べましたが510種類。布地のファイルが510個、ダイニングチェアのファイル数が510個、ソファのファイル数が510個ですから、計1530個です。途中、断念しようかと思ってしまうほどの数です。本当にただひたすら地道な作業でした。画像データファイルだけで20MBを超えてしまいました。恐ろしいですね。やっとの思いで5月8日にJPEGファイルを作り終わって、いよいよサイト作りに取りかかりました。

 HPでの初めてのお客様のI氏に教わった方法として画像データのサイズはは表示サイズの3/2の大きさで十分であるとご指摘いただいていましたので、おおいに活用させていただいております。見本ですからなるべく大きく表示させたいのでこの方法を取らせていただきました。さらにこの膨大なファイルをすべて表示させるには容量が大きすぎるのでをクリックするとそれぞれのイメージがご覧いただけるように考えております。その結果、未知の世界だったJavascriptを使用することになりました。まだまだ改善の余地のあるサイトですが、ご覧になる方の使いやすい操作性を求めて検討していきたいです。

 まだ、1/10程ですがサイトが着々と構築されつつあります。

(現在のオンラインサンプル帳)

些細なことでも感じられた点がありましたら”アラ・カワの独り言?目次”よりご意見いただけましたらこのサイト構築のヒントとさせていただきたいと思います。どうかよろしくご指導お願いいたします。

 そのJPEGファイルのサンプルは以下の通りです。

布地サンプル:9001


張り上がりイメージ

張り上がりイメージ
画像サイズ 300x225 410x300
表示サイズ 338x450 615x450
archive
過去記事の一覧
一覧の続きを開く

PAGE
TOP

サービス
一覧

TOP