イノ・ウエの独り言 
井ノ上が日頃”椅子張り職人”として感じたこと

2001年 3月 29日
アラ・カワ新宿インテリアセンターOZONEへ行く

2001年3月10日(土)、アラ・カワが新宿にある”インテリアセンター OZONE”に足を運んだのには理由がありました。このHPで問い合わせのあったお客さんのお仕事をさせていただいたのですが、そのイスが”インテリアセンター OZONE”の展示されているというお話をお客さんにお聞きして、仕事で新宿の方へ出た折に立ち寄らせていただきました。このお仕事のお話は最初、イスの完成パースをメールに添付して送っていただきました。その後は図面をFAXで頂き、ほとんどがお電話での打ち合わせとなりました。”イス張り職人”としての製作に関する製作に関することと、デザイナーであるお客さんの作品に対するコンセプトに関することをつなぎ合わせて打ち合わせしていき一つのイスが出来上がりました。アラ・カワ自身、デザイナーの方と直接打ち合わせを行ってイスを製作したのは初めてでしたので、これからのアラ・カワにとって必要な経験をさせていただいたと感謝しています。

JR新宿駅西口から歩いて10分程、”インテリアセンター OZONE”に向かう足取りも軽快でした。新宿パークタワーの3F-6Fに”インテリアセンター OZONE”のスペースはあります。3F,4Fは”ザ・コンランショップ”というインテリアのショップが構えており、5F,6Fにはインテリア関連のショールームが入っています。その他にアラ・カワが知っているだけでイベントスペースが4つ程設けてあり、常に何かしらインテリアに関するイベントを行っています。また、もう一つの顔として、インテリアに関する講座などを開設してインテリアについて基礎から自分に合わせて講座を受講できることもできます。アラ・カワも学生の時に”イス模型の作り方”という講座を受講し、イスの模型を10回の講習の中で仕上げたことがあります。

さて、アラ・カワが手掛けさせていただいたイスの展示スペースへ行って見ると最前列の通路側に展示されていました。真っ白いソフトな触りのビニールレザーで仕上げたそのイスは、大きさでいえば1.2mx90cmといったところでしょうか。基本的にはベンチタイプなのですが、取り外しのできる背もたれ2つを向きや場所を変えて自由に取り付けられるイスです。そのパターンは60パターン(アラ・カワ算出)にも及ぶものと思われます。そのイベントのタイトルは「meme・家具のイメージ【座】展」でした。期間は2001.3.1?3.13までとすでに完了してしまいましたが、このHPを通じて、また、新しい経験をさせていただきました。張り替え自体がオーダーメイドと考えておりますが、新規で作るということは、張替とは方向性の違ったオーダーメイドですね。というより、張り替えのほうが特質のオーダーメイドといえますね。

 イスの完成写真をHPで取り上げたいところですが、デザイナーの方に許可を得ておりませんので、無断での掲載は控えさせていただきたいと思います。

archive
過去記事の一覧
一覧の続きを開く

このページ内の専門用語を抜粋して紹介AZUMAの椅子張り用語集

ビニールレザー

PAGE
TOP

サービス
一覧

TOP