加工実績カタログ 詳細ページ前のページへ戻る

カタログNO カタログNO_C455
C455 UC邸 座面ウェービングテープの張り替えと木地出し部分の塗り替え
納品場所|埼玉県朝霞市 UC邸(個人宅)
引取日|2002-10-18
納品日|2002-10-31
お預かり期間|13日間
お客様のご注文回数|1
お客様のリピート実績を見る

HPより 見積もりフォーム お引き取り 工場での作業 納品
  • 加工前
  •  
  • 加工後
  •  
  • 同タイプの加工例を見る
  •  

製造メーカー キツツキマーク(飛騨産業)社製
イス種類/分類1/分類2 ソファ/木地だしタイプ / 3人掛け肘付きソファ
加工内容 塗り替え / 修理・補強
数 量 1本
加工費 座面のウェービング張り替え、塗り替え加工費
55,000円(税抜)*総額表示義務付施行前
その他の費用
ご依頼条件にて異なる
送料(引取・納品代)
※加工費の他に上記の費用がかかりました
作業内容の詳細 ・座面のゴムマットをウェービングテープへ張り替え
・本体の塗り替え

HPより 見積もりフォーム お引き取り 工場での作業 納品
  • 加工前
  •  
  • 加工後
  •  
  • 同タイプの加工例を見る
  •  

製造メーカー キツツキマーク(飛騨産業)社製
イス種類/分類1/分類2 ソファ/木地だしタイプ / 1人掛け肘付きソファ
加工内容 塗り替え / 修理・補強
数 量 2本
加工費 座面のウェービング張り替え、塗り替え加工費
20,000円(税抜)*総額表示義務付施行前
作業内容の詳細 ・座面のゴムマットをウェービングテープへ張り替え
・本体の塗り替え

イスの加工前加工後でこんなに良くなりました。

キツツキマーク(飛騨産業)社製 / ソファ/木地だしタイプ / 1人掛け肘付きソファ

前の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工

HPをご覧いただき、5人掛けの応接セット(木地だしのクッションタイプ)の塗り替えの張り替えの件で直接お電話をいただきました。形状を確認したいので写真かなにかありますかとうかがうと、デジタルカメラで写真を撮って、メールに添付して送ってくださることになりました。その日のうちにメールをいただき、(アラ・カワの都合で)翌日、電話を差し上げ、お見積もりいたしました。そのお電話で塗り替えに関しては、ご依頼いただきましたが、もうひとつ、座面のクッションをのせるゴムシートが切れてしまったので、なにか方法はないかということでしたので、ウェービングテープで張り替えることで、よりしっかりとした、弾力のある座面になりますとウェービングテープをお勧めしました。結果、ウェービングテープ張りの方もご依頼いただきました。


前の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工

UC邸のソファの座面下はゴムマットがついており、腰掛けたときに下に沈み込む柔らかさを表現しているものでした。しかし、ゴムゆえに長期間の使用に?a href="/use_guide/terminology/w/77/" target="yogo">化が伴います?0年以上使用されているようですので致し方ないところですが、効果が原因で数カ所切れてしまっています。このゴムマットはメーカーのオリジナルであり、”AZUMAのイス張り職人”のような一職人では手に入るものではありません。しかし、普段より特注(張り替えも特注です)を手がけている”AZUMAのイス張り職人”にとってはこれに代わる技法は当たり前のように思いつきます。その方法が今回のウェービングテープを用いた方法です。これは、ゴムに比べ弾力があるので腰掛けたときに伸び、立ち上がろうとするときに縮むのでお尻を押し上げてくれます。これは、ゴムマットとは全く違った腰掛け具合になります。また、ウェービングテープの上に直接クッションを置くとズレやすいのでクッション裏地保護の意味も含めて布地でかぶせをします。これは、丁寧な仕事のひとつと言えます。


前の写真 の張り替え加工
前の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工

今回の当初のお問い合わせは木地出し部分の塗り替えでした。特に使用頻度の高い肘部分の塗膜の劣化が著しくUCさんはこの部分のみを塗り替えるか、ソファの本体を全体的に塗り替えるか金額的に比較して考えたいとのことでそれぞれお見積もりいたしました。結局、肘部分を中心に全体的に塗り替えをすることになりました。肘を中心にというのは、通常、イスの塗り替えの場合、テーブルなどとは違って凹凸面がありすぎて塗膜のすべてを落とし、木地の状態にしてから塗り替えるケースは少ないのですが、肘部分に関しては、紙ヤスリで塗膜を落として木地の状態にしてから塗っていきました。他の部分は塗膜の表面を紙ヤスリで磨いて塗っていきました。この様にして、必要な部分に必要なだけ手間をかけて塗るような技能を塗師職人は持っています。この様な仕事はなかなか受けてもらえないものなのですが、「任せておけ」とUCさんのご要望以上の仕事をして応えてくれました。その結果、UCさんにも非常にお喜びいただきました。


このページの先頭へ

お客様から頂いたご感想

1.張り替えの仕上がりに関するご感想

 すわり心地は満天です。ラバーの張替えでこんなに疲れが違うとは思いませんでした。程よい反発がすわり心地のよさになっているのですね。30年の老体なのに新品同様にしていただきありがとうございました。「ラバーの張替えは周りの板ごととりかえなくてはダメ」とメーカーに言われたときは「金額の問題だけでなくこんなに資源の無駄遣いが叫ばれているときになんで?」と思いました。たまたま塗り替えもと思っていましたのでそちらのHPと巡り合い、いままでの古い木をそのままで、取り替えもなく塗り直しもていただきました。さすが「新品同様」で満足してます。ありがとうございました。


このページの先頭へ

C455 UC邸の皆さま大変お世話になりました。
ホームページ掲載をご快諾頂きありがとうございました。

-- このページ内の椅子張り替え専門用語の抜粋 --
このページ内の本文に使用されているAZUMA椅子張り専門用語を紹介します。
ウェービングテープかぶせボタン締め

AZUMAの椅子張り替え 用語集収録語)


  • 椅子の張替え加工実績カタログ
  • 加工実績カタログの中からお手持ちの椅子に近い形状の張り替え加工実績を検索
  • WEB受注実績をカタログとして紹介していますがその活用方法
  • 張り替え時期になっても愛され続けるソファやダイニングチェア等を常連イスとして紹介
  • 椅子の種類別に椅子張り替え実績から絞り込む
  • イス張り替え加工を中心に加工内容別に分類した実績カタログ
  • 製造メーカー別の椅子張り替え実績カタログ
  • 都道府県別実績カタログ
  • お客様からのご感想
  • 実績カタログの検索フォーム