加工実績カタログ 詳細ページ前のページへ戻る

カタログNO カタログNO_B144
B144 AO邸 思い入れのあるロッキングチェアを張り替える
納品場所|千葉県千葉市美浜区 AO邸(個人宅)
引取日|2001-08-25
納品日|2001-09-03
お預かり期間|9日間
お客様のご注文回数|初回

HPより 見積もりフォーム お持ち込み 工場での作業 納品
  • 加工前
  •  
  • 加工後
  •  
  •  

イス種類/分類1 パーソナルチェア/ロッキングチェア
加工内容 張り替え
数 量 1本
生地 合成皮革
柄/フェイス/織り プレーン / ソフトレザー
生地調達方法 サンプル帳より購入
加工費 ロッキングチェアの張り替え加工費
30,000円(税抜)*総額表示義務付施行前
その他の費用
ご依頼条件にて異なる
合成皮革代、ウレタン代、送料(納品代)
※加工費の他に上記の費用がかかりました
作業内容の詳細 座面・背もたれウレタン交換

イスの加工前加工後でこんなに良くなりました。

パーソナルチェア/ロッキングチェア

前の写真 の張り替え加工
前の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工

HPをご覧いただきお見積りフォームからロッキングチェア張り替えの件お問い合わせいただきました。すぐにお電話を差し上げたところAOさんのお休みの日を利用して弊社工場まで車で持ち込んでいただけるとおっしゃってくださりました。実際に、ロッキングチェアを持って工場の方へ足を運んでいただきました。張り替え後は合成皮革をお選びいただきました。思い入れのあるロッキングチェアということで、AOさんのイメージ通りに仕上げたいと思います。ロッキングチェアの張り替え加工費は40,000円。一度木枠だけの状態にして、下ごしらえをしていきますので、中身ウレタン等はすべて交換いたします。
思い入れのある椅子
 AOさんの奥様のご実家で使われていたロッキングチェアだそうで、このロッキングチェアには特別な思い入れがあるそうです。持ち込んでいただいたときには、木枠の部分と椅子の部分をつなぐ接合部分のかみ合わせが悪くなっておりまして、この部分の修理もご依頼いただきました。
 色以外に明らかに違うのは座面と背もたれの厚みです。一度木枠だけの状態にして、そこからは”AZUMAのイス張り職人”が自信を持って仕事をしていった結果、AO邸のロッキングチェアにはいろいろなバランスからこの厚みが良いと考え、この厚みに見合った中身ウレタンを吟味しました。そして、長時間腰掛けたときに疲れにくいように硬めのしっかりとしたウレタンを用いました。
 


前の写真 の張り替え加工
前の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工

長年の軌跡を感じます
 写真:左はロッキングチェアの座面前方で、中身ウレタンがへたってしまい厚みがなくなってしまっています。写真:中は木枠と椅子の部分を木ネジで締めてあったのですが木ネジが緩んで暴れてしまう為に椅子本体の木の方の穴が大きくなってしまい、木ネジが効かなくなってしまったためにぐらつきが改善されない状態でした。写真:右は肘の外側が何かに当たっていたのか塗装がはげてしまっていました。
 座面の厚みが厚くなったのがお分かりいただけるかと思います。そして、木ネジが効かなくなってしまった部分の修理も完了、肘の塗装のはげていた部分には近い色の修正ペンでタッチアップしましたので、目立ちにくくなりました。タッチアップは応急処置の一種なので塗装の塗り替えとはまったく別のものです。納品のときAOさんに喜んでいただけた様で、そういった表情がうれしいですね。


このページの先頭へ

B144 AO邸の皆さま大変お世話になりました。
ホームページ掲載をご快諾頂きありがとうございました。

-- このページ内の椅子張り替え専門用語の抜粋 --
このページ内の本文に使用されているAZUMA椅子張り専門用語を紹介します。
ウレタンフォーム合成皮革ソフトレザータッチアップボタン締め

AZUMAの椅子張り替え 用語集収録語)


  • 椅子の張替え加工実績カタログ
  • 加工実績カタログの中からお手持ちの椅子に近い形状の張り替え加工実績を検索
  • WEB受注実績をカタログとして紹介していますがその活用方法
  • 張り替え時期になっても愛され続けるソファやダイニングチェア等を常連イスとして紹介
  • 椅子の種類別に椅子張り替え実績から絞り込む
  • イス張り替え加工を中心に加工内容別に分類した実績カタログ
  • 製造メーカー別の椅子張り替え実績カタログ
  • 都道府県別実績カタログ
  • お客様からのご感想
  • 実績カタログの検索フォーム